[ 馬ログ ] 競馬予想会社を口コミから探せるサイト

ホーム>競馬用語集(さ)

殿堂入り競馬予想サイト 金馬券

回収率の高い商材ランキング

用語一覧

再騎乗(さいきじょう)
落馬して競走を中断した騎手が、馬とともに落馬した地点に戻り再び競走を続行すること。
裁決委員(さいけついん)
競馬の保安措置と制裁及び公正を害すべき行為の取締りに関する事務を行なう執務委員のこと。
最後の直線(さいごのちょくせん)
第4コーナーを過ぎてからゴールまでの直線のこと。
再審査(さいしんさ)
調教が十分でない馬や、健康に問題があると認められる馬に対して、裁決委員が科す調教状況・馬体の審査のこと。
裁定委員会(さいていいいんかい)
競馬のレースに関する専門的な知識や経験のある人から、理事長が委嘱で構成される。
競馬開催中に起きた事案に関する処分は、30日以内であれば裁決委員の権限で行なうが、 30日を超える処分の必要があると裁決委員が認めるときは、この裁定委員会が議定する。
サイドレーン
単純な革ひもなどでハミと腹帯をつなぐようにして使う馬を矯正する為の調教補助具。
最内(さいない)
コースの最も内側のこと。
削蹄(さくてい)
馬の伸びた蹄を削って整えること。
さく癖(さくへき)
馬の癖の一種。馬栓棒や飼桶に上歯を当てて空気を飲み込む悪い癖。
笹針(ささばり)
血液の循環が悪くなり、うっ血状態を起こすと、コズミや跛行を呈することがある。 このような際に肩、腰等部分的にあるいは全身に針を刺し、うっ血をとる。これを乱刺手術(ササバリ)という。
ささる
気の荒い馬や若馬によく見られるもので、レースや調教中に突然内に斜行すること。
差し(さし)
競走で中団からやや後ろあたりに付くこと。
差し馬
第4コーナーから直線にかけて、中団以下から好位に上がり、先行する馬たちを交わすレースぶりをする馬のこと。
差し返し(さしかえし)
最後の直線で一度交わされた馬がもう一度、前にいる馬を交わすこと。
蹉跌(さてつ)
つまずくこと。
魚目(さめ)
普通馬の眼の虹彩は暗黒色をしているが、虹彩の色素が少なく外観からは黒目の部分が青色に見えるものを指す。
佐目毛(さめげ)
馬の毛色の一種。長毛は象牙色で眼は青色、皮膚はピンク。
サラブレッド
馬の品種の一つで、競馬の主流はサラブレッドである。 イギリスで長い間かかって競走馬として作り出されたもので「純血」という意味をもつ。
競走馬としての大まかな定義としては「連続8代にわたりサラブレッドが交配された馬」と決められている。
三大根幹種牡馬(さんだいこんかんしゅぼば)
三大始祖(さんだいしそ)とも言われ、世界中のサラブレッドは父系の血統を辿っていくと、 すべて3頭の馬にさかのぼることができる。この3頭の馬を「三大根幹種牡馬」「三大始祖」という。
三分三厘(さんぶさんりん)
第3~第4コーナーの中間付近、勝負どころという意味。
または、ゴールまでの距離が660メートル地点、600メートル地点、 もしくは、ゴールまでの距離が全距離の約3分の1の地点とさまざまな説がある。
3点買い(さんてんがい)
馬券の買い方の1つ。予想した馬3頭を決め、それをボックス買いで3点買うこと。
3連単(さんれんたん)
正式名称「馬番号三連勝単式勝馬投票法」
1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通りに的中させる投票法。
3連複(さんれんぷく)
正式名称「馬番号三連勝複式勝馬投票法」
1着、2着、3着となる馬の馬番号の組合せを的中させる投票法。 組1着、2着、3着の着順は問わず組み合わせとして当たっていればよい。
挫跖(ざせき)
馬のケガ、病気の一種(内出血)、肢勢の悪い馬や蹄底の浅い馬に発症しやすく、走行中に後肢の蹄を前肢の蹄底にぶつけた際や、 石などの硬いものを踏んだ時に蹄底におきる炎症をいう。

競馬情報用語集


ページトップへ