[ 馬ログ ] 競馬予想会社を口コミから探せるサイト

ホーム>競馬用語集(あ)

殿堂入り競馬予想サイト 金馬券

回収率の高い商材ランキング

用語一覧

アウトブリード
近親交配でない血統配合のこと。異系交配とも言われていて、その馬の5代前までの血統に共通の祖先がいないもの。 主にアウトブリードの目的として、雑種強勢により、その馬の運動能力等がが増強されることを期待し行う。
青鹿毛(あおかげ)
全身がほとんど黒色で眼・鼻の周辺、腋・ひばら等がわずかに褐色の馬。黒鹿毛よりもさらに黒い毛色をしている。
青毛(あおげ)
青鹿毛(あおかげ)よりも黒く、全身真っ黒の毛色。軽種馬には比較的少なく、眼や鼻の周辺をよく観察して判断する。
青ランプ(あおらんぷ)
その競走が「審議」状態となった際に、着順掲示板に審議中意味する「審」の文字とともに点灯させる青いランプのこと。 ただ、 競馬場によっては青いランプを使用せず、青背景白抜き文字で「審議」と表示している所もある。
あおる(アオる)
ゲート内で発馬の状態・立ちあがった時、またはゲートが開いた瞬間に前肢をあげて発走すること。 前肢を上げている分後手を踏むわけなので、出だし不利になる。 レース経験の少ない馬などにこういった状態を見せる馬が多いが、癖になっている馬もいる。
赤旗(あかはた)
発走時刻の少し前に、発想準備を促すため発走委員が発走台に上がって振る赤い旗のこと。 また発走のやり直しの場合にも赤旗を振って合図をする。
赤ランプ(あからんぷ)
勝ち馬が確定し、到達順位のとおり着順が決定されたことを示す「確」の文字とともに点灯する赤いランプのこと。 ただ競馬場によっては赤いランプを使用せず、赤背景白抜き文字で「確定」と表示している競馬場もある。
上がり(あがり)
レースなどで、スタートを「テン」中盤を「なか」終盤を「しまい(上がり)」という。
上(昇)がり馬(あがりうま)
急激に調子をあげたり、実力をつけて、短期間のうちに数段上の条件に勝ちあがってきた馬のこと。 一般には下級条件から短期間のうちに連勝を重ね一挙に上位クラスに上がっていく馬のことをいう。
あがる
馬が競走生活を終えて、繁殖馬などとして牧場に帰ることを「繁殖に上がる」単に「あがる」とう。
朝飼葉(あさかいば)
競走馬の食料のことで、朝の調教が終わった後に与えられるけられる飼葉を「朝飼葉」と呼んでいる。
脚いろ(あしいろ)
馬の走りぶりのこと。余力があり追えば伸びる状態のときは「脚色が良い」、 余力がなくなりバテ気味のときは「脚色が悪い」などといわれる。
芦毛(あしげ)
白い毛に黒色または濃褐色の毛があるもの。原毛色は栗毛・鹿毛・青毛等でり、馬の体全般が白色(灰色)で、 個体差はあるが年齢が進むにつれ次第に白色の度合が増す。生後間もないものは「芦毛」と判断するのは難しい。
脚抜き(あしぬき)
馬場状態を表す言葉。脚を取られて思うように走れない状態などに「脚抜きが悪い」といい、 また見た目で悪い馬場でも走りやすい状態の際には「脚抜きがいい」という。
汗取り(あせとり)
無駄な肉が付き、理想体重よりも重くなった馬に毛布・ビニールなど風通しの良くないものをかけて調教を行うこと。 これによって、かく汗の量が増え、太目の解消に効果がある。 人間の場合は騎手が減量を図るために行うもので、蒸し風呂やサウナに入ったり、 カッパを着てランニングをすることによって発汗させ体重の調節をする。
当て馬(あてうま)
種付けをする際、牝馬の発情の有無を調べるために接近させられる牡馬(試情馬)のこと。 その牡馬自体は交させられるわけでなく、種付けの為の牝馬がいないため当てられる馬。
後検量(あとけんりょう)
レース後騎手が決められた斤量で騎乗していたかを調べること。斤量とは馬が背負う重量のことで、 騎手の体重と身に着けているもの(プロテクターや帽子、鞍)の重さも含まれます。 検量後、前検量に比べ1キロ以上増減のあった際には失格となります。
あとびき
馬をつなぐ際などに後退する馬の癖。
あな
人気のない馬が勝ったり、好配当になった際に「穴が出た」という。 この穴を出した馬を「穴馬」といい、人気馬を負かす可能性のある馬のことを穴馬という。
穴馬(あなうま)
人気のない馬。ダークホースとも言われる。
穴場(あなば)
勝ち馬投票券、馬券を売る窓口のこと。今では馬券売場という人の方が多くなっている。
鐙(あぶみ)
騎手が足を乗せる馬具で、騎手が体を安定させるために踏むもの。
アラアラ
全力を出し切って余力がなくなり、バテてしまった状態になってしまう事。
アラブ
アラビア半島の原産馬のこと。 しかし、一般に競走に使われているアラブといわれている馬はアングロアラブまたはアラブ系種で、 純血アラブとは違い、アラブよりむしろサラブレッドに近い体形・能力を持っており、 アラブ血量25%以上を有する馬に限られている。
併せ馬(あわせうま)
馬に競争意識をつけるために行う場合が多く、調教の際に2頭、3頭あるいはそれ以上の頭数で並んで走らせること。
あんこ
経験の浅いい騎手の俗称。あんちゃんと呼ばれることもあり、騎手候補生のことを同じように言うこともある。 これは調教場で赤いヘルメットをかぶっているため。
鞍傷(あんしょう)
鞍の置き方が悪かったり、馬の体と適合してない鞍を使用した為に馬の背中上腹部などにできる外傷のこと。 体形によって鞍傷を起こしやすい馬もいるが、鞍傷がひどくなると騎乗できなくなり、出走不能につながることもある。
アーニングインデックス
種牡馬の優劣を判定するためのひとつの目安であり、出走馬1頭あたりの収得賞金の平均値を1として、 各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表したもの。 1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒の獲得賞金が多いことを表す。 (産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(出走馬総収得賞金÷総出走頭数)となる。

競馬情報用語集


ページトップへ