将射馬射70件以上の口コミ評判と自ら登録検証した情報を無料公開中!

競馬予想サイト 将射馬射(しょうしゃばしゃ) 口コミ 評価

将射馬射(しょうしゃばしゃ)について、馬ログ管理人が実際に登録して検証した内容や評価、サイト情報などを紹介していきます。

ユーザー様から寄せられた将射馬射(しょうしゃばしゃ)の評判がわかる口コミ評価も掲載していきますので是非参考にしてみてください。

また、皆様からの口コミ評価の投稿もお待ちしております。

将射馬射(しょうしゃばしゃ)に馬ログ管理人が実際に登録して検証した内容など

以下では、実際に馬ログ管理人が将射馬射(しょうしゃばしゃ)に登録して検証した上で得た情報を紹介していきます。

サイトの基本情報から無料・有料情報についてなど、登録前に知っておきたい情報をまとめてみました。

将射馬射(しょうしゃばしゃ)への登録を迷っている方などに参考にしていただけると嬉しいです。

サイトについて

将射馬射(しょうしゃばしゃ)について

将射馬射(しょうしゃばしゃ)は、騎手エージェント情報網に特化した門外不出の競馬予想サイトです。

競馬は年間3400レース行われるが、トップエージェントが抱える騎手たちの勝ち鞍は3000勝に達する!
レースで勝つために、サークル内で偏る情報の優劣を精査・判断できる唯一の存在「エージェント」。
崇高な的中を極めたい馬券ファンが利用すべき情報は全てここに集約されているのです。

競馬界に存在する建前と本音

物事には表と裏がある…。
大物馬主へのリップサービスや忖度など、そこにはあらゆるもてなしがある。

競走馬の状態を最もよく知る厩舎関係者の言葉は…
忖度のない本音なのか?それとも、馬主に向けたリップサービスなのか?

リップサービスの最もたる例といえるのがG1レース前に恒例として行われる共同記者会見だ。
陣営は例え出走馬の状態が悪くても、その真実を語ることができない。
現場の実情から何層ものフィルターを通った言葉がどれほど的確な内容なのかを予想しなくてはならない時点で、馬券的中を収めることは難解になる。

では、多くの競馬関係者の偽らざらない本音を入手している人たち、正確に言えば本音だけが自然と集まってくる立場の人間とは誰か?

それが、エージェントである。

エージェントに情報が集まる理由

なぜエージェントに本音だけが自然と集まってくるのか?
それは騎手エージェントの本来の業務を見れば一目瞭然である。

芝 ⇔ ダート替わり
距離延長 ⇔ 距離短縮
騎手の騎乗ミス
レース中の不利
騎手との相性
指定馬の調子
馬場状態
etc…

騎手エージェントとして担当する騎手の騎乗馬を決定する為に必要となる要素。
この要素を把握していなければ騎手エージェントとしては失格と言わざるを得ない。
当然だ。
それが騎手エージェントとして最低限行わなければならない仕事だからだ。

あなたが騎手であった場合、なんの情報も入手できず、相馬眼も普通である人に、自分の収益に直結する馬の選定を任せるだろうか?

答えは殆どの方が“ 否 ”だろう。

主宰からのご挨拶

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年2月より無観客開催を実施している中央競馬だが巣ごもり需要のネット販売が好調で前年比の売り上げは増加。
地方競馬についてはコロナバブルとも言われるほど新規のファンも急増している状況であり、競馬関係者にとってもこれほど有難い事は無いのだが、このような状況だからこそ馬券利益をもっとファンに還元すべきと立ち上がったのが将射馬射だ。
やはりファンとしては、毎週の的中無くして競馬を継続していくのは困難なはずで、年中を通して安定した的中をお届けし、長きにわたり競馬と向き合って頂きたいのが将射馬射の願いでもある。今やレースで勝利を量産するために必要不可欠なエージェントのネットワークは、取材制限を敷かれてしまったトレセン内におけるプロの取材者たちからも需要が高まっているほど。
ファンの皆さまには、ここでしか触れることの出来ない情報により過去手にできなかったより多くの馬券的中を体験して頂ければと切に願っている。

【主宰】オーナーエージェントK

※オーナーエージェント概要
騎手、厩舎と同じくオーナー(馬主)の勝利数に貢献するのが大きな役目であり、大手になれば所有する競走馬の選定から預託先の厩舎に始まり、所有馬の入厩時期やローテーション、騎手選択に至るまでの決定権を持つ。
今年は北海道で開催されたサラブレッド1歳の各セールでもサラブレッドの購買者登録数は過去最高で売り上げレコードも記録された訳だが、デビューして新馬、未勝利戦を勝ち上がれるのは35%と厳しい現実があり、中でも新規の馬主に対しては、「購入した馬が活躍しなければ馬主を続けられない」としてオーナーエージェントの需要は年々高まっている。
もちろん勝つために必要な騎手、厩舎エージェントとの連携は常で最終的な勝ち負けの密な情報がオーナーエージェントへ報告されることは必然なサイクルだ。

登録方法について

将射馬射(しょうしゃばしゃ)への登録方法は以下の手順です。

【 step1 】将射馬射(しょうしゃばしゃ)公式サイトへアクセス

まずは将射馬射(しょうしゃばしゃ)へアクセスします。

▼公式URL
https://keiba-agent.jp/
(URLの最後尾「/」の終わりに英数字が付くことがあります。)

【 step2 】メールアドレスを登録

サイト内に用意されているメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力します。

そして、[無料登録する]の登録ボタンをクリックします。

※この登録ボタンの文章は、時期によって変わる場合があります。

【 step3 】将射馬射(しょうしゃばしゃ)から届いたメールを確認

登録したメールアドレスに将射馬射(しょうしゃばしゃ)からメールが届きます。

本登録用のURLが記載されているのでアクセスします。

【 step4 】ID、パスワードが発行されて登録完了!

その後、ID、及びパスワードが登録したメールアドレスに送られてきます。

以上で登録完了です!

予想情報について

将射馬射(しょうしゃばしゃ)では、無料情報、有料情報の提供を行っています。

無料情報、無料コンテンツは、0円(無料)で利用することができます。
有料情報はポイント制で、1PT=100円(税込)です。
有料情報であるキャンペーン・イベント等は商品内容により販売価格が異なります。
詳細はWEBページ・ご案内メールを確認してください。

■無料情報について

将射馬射(しょうしゃばしゃ)では、無料情報、無料コンテンツの提供を行っています。

今週の注目競走

今週の注目競走

今週の注目レースを考察するコラムです。

無料提供!

無料情報

無料情報として買い目提供を行っています。

■有料情報について

将射馬射(しょうしゃばしゃ)では、有料情報の提供を行っています。
有料情報では、主に以下の4情報を提供しています。

・王の儀
・将の一分
・騎馬の一撃
・鏑矢

将射馬射最高機密情報「王の儀」

将射馬射最高機密情報「王の儀」

競馬に絶対はない。
馬券を購入する全ての人間が把握している大前提の事実。
しかし、絶対がないと言われる競馬において、絶対的な勝利に最も近い情報は存在している。

年間20勝程度のジョッキーでエージェント情報網によりレース事前から確勝級と断言できるのは5本前後しかない。
どれだけ陣営が確勝級の仕上げと思って送り出したとしても、他陣営にも確勝級の出走馬がいたり、はたまた展開を乱す出走馬がいたり、もしくは急激な雨など、別の出走馬陣営の情報を把握していると確勝級と言えない例は多々存在する。
エージェント情報網を駆使し出走馬陣営の本音を入手したとしても、確勝級と呼べる出走馬の数は年間を通しても非常に少ないのが現状だ。
確勝級の馬が存在し、さらに同一レースで2,3着馬も同様に合致されたレースとなれば、より少なくなるのは想像にたやすいだろう。

だが!

その厳しい条件をクリアした形で提供される結論は、限りなく絶対的な勝利と呼べる代物となる。

馬券対象馬が1着固定を含めた3頭に絞られ、提供方法は馬単、3連単ともに1~2点が基本。
そして王の儀に関してはさらにオッズ面での条件もつく。

回収率向上のため、能力以上にオッズが下がる傾向のルメールや川田などトップジョッキーからの提供は、オッズ低下が起きないと確実と断言できる要因がない限り皆無となる。

確勝級と呼べる情報であるとともに、より高回収率を見込める馬券種別で提供となるので、3連単や馬単以上に3連複が上となれば提供になるが、基本は先ほど述べたように単系馬券が基本である。

獲れば一攫千金!
大枚をわずか2分程度の時間で掴みとれる至高の1本。

1シーズン2~3本、ここ将射馬射(しょうしゃばしゃ)でしか得ることのできない「王の儀」の提供を固唾を呑んでお待ちいただきたい。

提供レース 未定
買い目 未定
公開時間 レース発走1時間前頃
参加定員 未定
参加必要PT 1000pt

特別臨時収入獲得レース「将の一分」

特別臨時収入獲得レース「将の一分」

陣営が自信を持って送り出す勝負馬を軸に上げ、絶対的な勝利条件5事項、さらに2021年春、ここ最近目立ってきた“ ある要素 ”を加えることで精度がさらにアップする事実を掴み1事項をプラス。
計6事項を備え、各エージェントに認定された指定馬が2~5頭出走する事で確定される秘蔵の特大臨時収入獲得レース。

「次走この条件に使えば間違いなく勝負になる」

サークル内の情報では正確無比な騎手の本音(情報)を扱うエージェントから発せられたこの一言が大口勝負の候補レースに取り挙げられ、遂行されるか否かの厳しい精査が各エージェントにより行われる。

「情報は門外不出」

騎乗依頼仲介者制度の改正により門外不出となっていた特殊情報が国内で唯一ここに蘇る。

絶対的な勝利条件6事項とは…

1.出走条件
【 芝 ⇔ ダート替わり 】
一般的に血統背景での適性有無が言われるが、乗った感触で本質を掴む騎乗者のジャッジは全く別物で、最近では芝の大物ディープインパクト産駒のダート好走や、ダート巧者ヘニーヒューズ産駒の芝コースによる好走歴も多々見受けられる。
この意外性あるパターンが高配当に直結するのでリスク無き大口勝負レースとして選定されるケースが多い。

【 距離延長 ⇔ 短縮 】
これも血統背景に加え、前で競馬する馬の距離短縮、後ろから行く馬の距離延長が一般的な好走パターンと言えるが、ペース如何では逃げ馬が一転控える競馬で結果を出したり、昨秋スワンSで万馬券的中の立役者となったカツジのように差し・追い込み馬の奇襲先行策が決まるなど、その的確な事前ジャッジはエージェント情報の真骨頂だ。

2.騎手の騎乗ミス
一般的に血統背景で決して表には出ないが、サークル内で頻繁にあるのが騎乗ミスによる乗り替わり。
特に新人がミスしてクビになり、リーディング上位騎手へのバトンタッチされるのは一般的に良く目にするパターンだが、一方で、減量特典を活かせる平場戦に限ってはルメールや川田、福永などトップジョッキーから、敢えて減量の利く団野、菅原明、藤田菜七子など。

新人や女性騎手への乗り替わりにより斤量有利となる逃げ・先行で結果を出すケースも頻繁に見受けられ、配当妙味有るこのパターンも大口勝負レースに選定されやすい。

3.レースの不利
スタートの出遅れや、道中内で包まれ通しでレースが終わってしまったり、道中掛かりっぱなしで早々にガソリン切れなど明らかに能力を発揮出来無かったケースは、ファンの方でも目にされた事があるシーンと言えるが一見分かりづらいのは、極端なハイ或いはスローペースが合わずの逃げ失速や末脚不発、手前を変えられなかったり、馬場の悪い所を通らされる、或いはダートで砂を嫌がり途中競馬を辞めてしまうケースなど、これら真実が完全に掌握できる事も大口勝負レースの絶対条件となる。

4.導ける騎手
せっかく勝負馬の好走条件が揃っても、それをミス無くしっかり乗りこなせる腕達者な騎手でなければレースでの勝ち負けは難しい。
これはリーディング上位騎手であれば良いという訳でも無く、ダートでズブく追わせる馬は全く動かせなかったり、掛かる馬を柔らかく乗れずに折り合いを欠くなど、上位ジョッキーでも馬のタイプによっては合わないケースがある。
また、たとえ下位ジョッキーでも新潟の千直で台頭し穴を連発させた現役時代の西田騎手やダート得意な亀田騎手など、コースや条件別によるジョッキーの得意、不得意を把握する事も大口勝負レース選定における重要な条件だ。

5.指定馬の調子
レースでの好走条件としては該当馬の状態が良好な事が大前提とされるが、果たして勝ち負けする馬の全てがそうなのか?と問われれば必ずしも当てはまらないのが実情。
むしろ休み明けや追い切りイマイチで仕上がり8分、馬体重は大幅増だとしても条件次第で勝ち負けになる馬こそが絶好の狙い目だ。
一方で、前走好走した、或いは追い切り動いて好状態が明らかとされる馬は人気になりやすく、配当妙味は皆無な事から大口勝負レースに選定されづらいと言える。

6.馬場状態
現在の競馬では、芝・ダート共に規定の水分量に応じて【良・稍重・重・不良】のいずれかで発表されるが、実際のところ4種にはとどまらないのが現状。
と言うのも、雨が降り始めで稍重になる手前の馬場を滅法嫌う馬もいれば、重から水が浮く不良直前の馬場が得意な馬も存在するからだ。馬の個々に合わせれば少なく見積もっても6種以上の馬場状態が存在すると言え、特殊なケースだと2021年1月に行われた小倉開催。
冬時期の雨のレースで芝が剥がれてしまい、もはや土状態だったように芝にもダートにも該当しないコース状況すら生まれてしまった。
このような状態か否かはレース当日まで見極められるが、芝コースの土状態は圧倒的にダート適性ある人気薄のパワータイプが台頭し、本来得意なはずのスピードある人気馬たちはことごとく歯が立たなかった事からも配当妙味は抜群であり、今後は間違いなく大口勝負レースに選定されるケースが出てくるだろう。

エージェント認可・大口勝負レースに選定されるまでの険しい道のりを6つの事項に分けて説明させて頂いたが、これら厳しい条件をクリア出来るか否かを性格無比にジャッジ出来るのも、業界では唯一レースで関係者が勝つために必要なエージェント情報ならではと断言しても過言ではない。

提供レース 1鞍(レース名は参加者のみに発表)
買い目 参加者にのみ発表
公開時間 レース発走1時間前
参加定員 30名
参加必要PT 480pt

毎週末の収益獲得競走「騎馬の一撃」(土曜・日曜提供)

毎週末の収益獲得競走「騎馬の一撃」(土曜・日曜提供)

リーディング上位トレーナーの陰に厩舎エージェント有り!

ジョッキーの勝ち星に騎手エージェントの影響力が大きい事は結果が示す通りだが、全国1位の矢作厩舎にはGI騎手の北村友一、若手の成長株である坂井瑠星のエージェント・細川師が厩舎エージェントも兼ねている。

その他、表に出ていないが栗東I、S厩舎、美浦T、S厩舎といった上位トレーナーを筆頭に、騎手エージェントが厩舎エージェントを兼ねるケースが有り、その業務内容は出走番組や騎乗騎手を管理する人材までおり、まさしく表裏一体となった厩舎=騎手情報が完全に網羅された状況だ。

騎手エージェントの情報網としては、マンツーマン体制で勝ち星を量産する、

井上 ⇔ 川田騎手(昨年167勝・関西リーディング2位)ライン。
坂倉 ⇔ 田辺騎手(昨年74勝・関東リーディング4位)ライン。

中堅ジョッキーを抱え100勝以上を量産する、

甲斐 ⇔ 吉田隼、西村ライン。
橋本 ⇔ 幸、菱田、秋山ライン。
安里 ⇔ 藤岡祐、藤岡康ライン。

将来性あり穴連罰の若手や大手オーナー、ブリーダーグループの主戦騎手である、

細川 ⇔ 北村友、坂井瑠ライン。
橋本 ⇔ 団野、荻野極ライン。

ジョッキーに対して、上質な騎乗馬数を確保する為に騎手エージェントは存在しているが、トレーナーに対し一つでも多くの勝ち星を上げる為のサポート的な役割を担うのが厩舎エージェント。

正式には公表されていないが、騎手エージェントや記者を兼ねる者も居れば完全な専属者などトレセン内部の関係者で構成され、リーディング上位厩舎や重賞勝ちの多い厩舎ほど存在している貴重な人材。

役割は、厩舎により様々だが基本的には出走番組(レース)の管理。
入厩している馬の適材適所を把握しメンバーの強弱や頭数など想定して最適な番組をトレーナーに提案する。

上位厩舎の中には、出走レースの選択だけにとどまらず、ジョッキーの手配に至るまで全てを一任している所もあるほどで、年間の勝利数はエージェントに委ねられていると言っても過言ではない。

東西トレセン分け隔て無く、所属各馬の動向を掌握しなければ務まらない厩舎エージェントの情報が、的中馬券にも直結する事は必然だ。

厩舎エージェント網からの認定を受け提供となる騎馬の一撃。

毎週コンスタントに提供となる将射馬射の会員にとって収益計上の根幹的勝負レース。
毎週の参加を強くお勧めする。

提供レース 1鞍(レース名は参加者のみに発表)
買い目 参加者にのみ発表
公開時間 レース発走1時間前
参加定員 50名
参加必要PT 300pt

地方エージェントは情報量が違う「鏑矢」

地方エージェントは情報量が違う「鏑矢」

地方トップジョッキーの活躍の裏にもエージェントあり!

JRAでは、2018年より馬券購入禁止を命じられた騎乗依頼仲介者(エージェント)だが、地方競馬ではエージェントが公表されていない事もあり禁止事項にはなっていない。
そのような現状からも、馬券情報に繋がるネットワークがサークル内で活発に張り巡らされている事は容易に推測できるだろう。

かつては南関リーディングで現在はJRA騎手の内田博や戸崎にも専属のエージェントが存在していたし、ここ3年リーディンング上位を独占する森泰斗、笹川翼、矢野貴も然り。

そもそも南関東の競馬は月曜から金曜までの平日ほぼ毎日開催されており、4場(大井・川崎・浦和・船橋)を飛び回るトップ騎手が、全ての騎乗依頼をブッキングしないよう整理して確保したり把握するのは物理的にも不可能でエージェントは必要不可欠な存在でもある。
そしてJRAと異なるのは、騎手に1日の騎乗が8鞍まで、連続騎乗は6鞍までといった制限がある点、クラスが【A1、2】【B1、2、3】【C1、2、3】更にここから1~10数組に細分化される点に加え、時期により行われる2、3歳限定戦も同様だ。

つまり、地方競馬のエージェントは中央競馬以上に勝てる可能性がより高い馬や番組、相手関係までシビアに選択する手腕が問われると言え、このネットワーク内に馬券的中へ直結する濃い情報が集約されている事は言うまでもない。

中央の常識が地方競馬では非常識なんてことも多々ある状況。
しかし即PATやIPATで地方競馬が購入可能になってきたことで、基本中央でしか馬券を購入していなかった中央競馬ファンの参入が増え、以前では考えられなかった「明らかに過剰人気馬」「不当な低評価の伏兵馬」が多数存在してきている。

売上が上がってきたことでオッズ低下の影響力も少なく、今の地方競馬は「知っているものにとっては特にオイシイ」状況になっている。

中央競馬の無い平日、この鏑矢-KABURAYA-の結論には常に触れていただきたい。

提供レース 1鞍(レース名は参加者のみに発表)
買い目 参加者にのみ発表
公開時間 レース発走1時間前
参加定員 30名
参加必要PT 200pt

馬ログ管理人が出した将射馬射(しょうしゃばしゃ)の評価

馬ログ管理人が出した将射馬射(しょうしゃばしゃ)の評価は、優良サイトだと判断しています。

無料情報の検証を行ったところ、高額ではありませんでしたが一応的中がありました。

その後も何度か的中を確認しています。

有料情報は現在検証中です。

登録後に50PTのポイントプレゼントも受け取ることができました。

また、登録後に迷惑メールが来るといったこともありませんでしたので、優良サイトと認定したいと思います。

ユーザーの皆様からの口コミ評価での情報提供もお待ちしております。

平均評価: 4

将射馬射のサイト情報

サイト名 将射馬射
運営会社 将射馬射運営事務局
運営責任者 村上 要
URL https://keiba-agent.jp/
電話番号 03-3457-9124
メール info@telecomcredit.co.jp
表記住所 -